投手から球を受ける際の注意点などを伝授する中村悠平選手=11月9日、福井県坂井市三国運動公園野球場

 プロ野球の東京ヤクルトスワローズの現役選手やOBによる少年野球教室が11月9日、福井県の坂井市三国運動公園野球場で開かれた。同市とあわら市で野球に打ち込む小学生約100人が参加し、プロ選手の直接指導に目を輝かせた。

 ヤクルトの拠点である神宮球場の広告看板を手掛けるアルミニウム加工のUACJ(本社東京)が地域貢献の一環で、製造所のある坂井市で初めて開いた。

 現役の中村悠平捕手(福井商業高校出身)、OBの内藤尚行さん、宇佐見康広さんが訪れ、指導にあたった。

 教室ではベースの踏み方や投球フォーム、バッティングなど基礎からみっちり練習。参加した児童は3人に積極的に質問したり、キャッチボールの相手をしてもらったりし、交流を深めていた。

 参加した児童は「プロの技術を習得してもっと強くなりたい」と汗をぬぐった。

関連記事