埼玉県は9日、深谷市の養豚場で豚コレラの感染が確認され、殺処分を始めたと発表した。1700頭超が飼育されており、10日に作業を終える予定。飼育豚の感染は秩父市、小鹿野町、本庄市の計四つの養豚場に続き、県内5例目。

 県では1日から感染予防のためのワクチン接種を開始。7〜8日、深谷市の養豚場でワクチン接種に先立って血液検査をした際、感染が疑われる豚が3頭見つかった。24頭を詳細に検査した結果、13頭が陽性だった。

 また、県は、美里町で7日、豚コレラに感染した野生イノシシの死骸が見つかったことも明らかにした。県内での野生イノシシの感染確認は計16頭となった。

関連記事