G20外相会合に向けた愛知県警の要人警護訓練で、中部空港近くの道路を通行する車列=9日午前、愛知県常滑市

 名古屋市で22、23日に開かれる20カ国・地域(G20)外相会合に向け、愛知県警は9日、中部空港(常滑市)に到着した要人が会場のある名古屋市まで移動するとの想定で、高速道路などを規制した警護訓練を実施した。

 県警によると、要人の多くは同空港に到着し、知多半島道路や名古屋高速道路などを通り会場へ向かうと想定される。訓練ではこれらの道路を時間帯により、通行止めや車線規制にして、要人用車両の前後にパトカーが並んだ車列が走行した。

 また名古屋市内の交通量を制限するため、名古屋第2環状自動車道や伊勢湾岸自動車道から名古屋高速への接続道路も通行止めの規制を実施した。

関連記事