「福井県の日本一」をテーマに、福井県立恐竜博物館の魅力などを紹介している動画の一場面

 福井県外向けに福井の魅力をPRするため、県広報広聴課の会員制交流サイト(SNS)用動画の新シリーズが始まった。テーマは「福井県の日本一」。初回は県立恐竜博物館を紹介している。担当者は「3年半後の北陸新幹線敦賀開業に向け、県外の人たちに福井へ来てもらえるようにどんどん日本一を発信したい」と意気込んでいる。

 県外向け動画の配信は2016年7月にスタート。同課のフェイスブック「おいでよ! ふくい」や動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信している。これまでのシリーズでは、福井の観光地の体験リポートなどを届けていた。

 新シリーズの初回は、日本で発見された新種の恐竜7種類のうち、5種類が県内で発掘されたことから「新種恐竜発見数が日本一」などと福井をPR。恐竜博物館の展示物や、野外恐竜博物館で化石発掘体験ができることなどを紹介している。

 動画制作の専任職員は「分かりやすく、テンポの良い映像を制作していく」と話す。

 今後は毎月1本動画を配信する予定で、油揚げの消費量日本一、眼鏡枠生産量日本一などを取り上げるという。

関連記事