サッカー北信越リーグ1部で優勝を決めた福井ユナイテッドFC=9月15日、福井県坂井市のテクノポート福井スタジアム

 サッカーの日本フットボールリーグ(JFL)昇格を懸けた全国地域チャンピオンズリーグ(地域CL)の1次ラウンドは11月8日スタートし、グループAで北信越代表の福井ユナイテッドFCは東海代表のFC刈谷(愛知)と石川県の金沢市民サッカー場で対戦。0-0のスコアレスドローだった。同グループのもう一試合は九州代表の沖縄SVが元日本代表フォワード高原直泰らのゴールで四国リーグ2位のFC徳島を2-1で破り、グループ首位に立った。

 FC刈谷は、今季12勝2敗で東海社会人リーグ1部を制し地域CLに進出した。

 福井ユナイテッドは惜しいシーンもあったが、ゴールを上げることができず、決勝ラウンド進出へ痛み分けとなった。次戦は沖縄SV(9日午後1時半開始予定)と対戦する。

 地域CLは全国9地域リーグの優勝チームと、全社で出場権を得た1チーム、補充枠2チームの計12チームが出場する。

 1次ラウンドは、3グループのリーグ戦を行い、各組1位チームと、各2位の中で最も成績がよかったチームの計4チームが決勝ラウンド(11月20~24日、福島・Jヴィレッジスタジアム)に進み、上位2チームがJFLに昇格する。

関連記事