ズワイガニ漁が解禁となり、水揚げされた「越前ガニ」=6日午後、福井県越前町

 日本海に冬の訪れを告げるズワイガニ漁が6日解禁となり、福井県越前町の越前漁港と同県坂井市の三国漁港では県特産の「越前ガニ」が初競りにかけられた。県が2015年からブランド化した「極」に該当するカニが揚がらず、初日の最高額は三国漁港で1匹5万円だった。過去の最高落札額は17年の極で1匹46万円。

 県水産課によると、県内の漁獲量は昨年度、雄雌合計350トン。今年は雄が昨年並みで、雌が昨年をやや下回ると予想している。

 越前漁港では競りが始まると仲買人らの掛け声が響き渡った。落札した越前町の水産会社社長は「身が詰まっていて良質なカニが多かった」と満足そうだった。

関連記事