天皇陛下の即位を祝うパレード「祝賀御列の儀」が10日、皇居周辺で行われる。多くの人出が見込まれ、警視庁は沿道の29地点40カ所で手荷物検査を実施、鉄柵で囲った観覧ブースに誘導する。公式ツイッターでは混雑状況を発信。警視総監をトップとする最高警備本部を設置しテロやトラブルを防ぐ構えだ。

 天皇、皇后両陛下のオープンカーは午後3時に皇居・宮殿を出発し赤坂御所まで約4・6キロを約30分かけて進む。検査は皇居周辺で午前8時から、警視庁付近で同11時から、国会前―赤坂御所の間は正午から始まる。

 ブース内にはスマートフォンやペットボトルは持ち込めるが、瓶や缶は禁止。

関連記事