東京・羽田空港の国内線旅客ターミナルで6日朝に発生した断水は、第1ターミナルで午後に完全復旧した。第2ターミナルでは断水が続き、復旧を急いだ。空港への給水を国から受託する「空港施設」によると、断水は水質に異常があり給水を停止したため起きた。

 国土交通省東京空港事務所によると、運航への影響は出ていない。

 同社によると、6日午前8時20分ごろ、空港の洗機場の職員から水から塩気を感じると通報があり、午前9時ごろ旅客ターミナルなどへの給水を一時停止。安全確認の上、順次給水を再開した。ターミナルでは上水道が止まり、トイレの手洗い場で水が出なくなった。

関連記事