GIマーク入りの黄色いタグが付けられたズワイガニ=11月6日午前11時20分ごろ、福井県越前町小樟の越前漁港

水揚げされ、GIマーク入りのタグを付けられたセイコガニ=11月6日午前9時45分ごろ、福井県越前町小樟の越前漁港

底引き網漁船で一つ一つ丁寧にタグ付けされる越前がに=11月6日、福井県越前町沖

 福井の冬の味覚「越前がに」の漁が11月6日午前0時に解禁され、福井県越前町の越前漁港では同日朝、取れたてのズワイガニやセイコガニが次々と水揚げされた。

⇒越前がに漁解禁、写真ニュース

 同漁港では解禁時間に合わせ、5日午後5時ごろから同10時ごろにかけて町漁協所属の底引き網漁船49隻が出航。6日午前9時10分ごろから帰港し始めた。

 地域の農林水産物のブランドを守る国の「地理的表示(GI)保護制度」に越前がにが登録されて今年で2年目。漁師たちは手早く仕分けしながらGIマーク入りの黄色いタグを付けていた。

 午前9時半ごろに帰港した「天龍丸」の親方、倉崎忠広さん(60)は「昨年の初日は天候があまり良くなかったのと比べると、今年は大漁」と話していた。

 同漁港では午後4時から初競りが行われる。福井県の最上級ブランド「極(きわみ)」と認定されたズワイガニは昨年、同漁港の初競りで35万円の値が付いた。同漁港では2017年に、県内最高額となる46万円の値が付いている。

⇒越前がにの特集ページはこちら

関連記事