電子マネーカード「JURACA(ジュラカ)」

 福井銀行と福井新聞社などは11月8日から、電子マネーカード「JURACA(ジュラカ)」など、非接触ICカードで鉄道運賃の支払いができるシステムの開発に向けた実験を、福井鉄道福井城址大名町駅と清明駅間で始める。買い物などで普段から使い慣れたICカードを乗車券や定期券としても使えるようにして、利便性向上と地域交通の活性化を目指す。

 鉄道運賃のキャッシュレス決済を巡っては、福井県も高速交通開通アクション・プログラムで「新幹線県内開業を機に地域公共交通網の拡充とサービス多様化を進める」として「ICカード乗車券を全県域で利用できるよう順次導入」と盛り込んでいる。

 ただ、JR東日本のSuica(スイカ)や西日本のICOCA(イコカ)は、都市部のラッシュ時の高速処理にも対応できるシステムのため、地方の鉄道事業者にとっては維持の費用負担が重いという課題があった。また利用者も交通乗車用にICカードを作る必要があった。

 今回の実験するシステムは、既に3万枚超が発行されているジュラカをはじめ、一般に普及しているICカードを使うことで、利用者、事業者ともに乗車用の新たなカードを準備する負担がないことが特徴。ジュラカには電子マネー「QUICPay(クイックペイ)」と「nanaco(ナナコ)」が搭載されており、両社は今後、他の幅広い電子マネーが使えるシステムが可能か検討する。

 実験では、両駅に東芝インフラシステムズ(神奈川県)が開発した簡易改札機を設置。ICカードをタッチして運賃が正しく計算されるかや、朝夕のラッシュ時にも対応できるか、また定期券として正しく認識されるかどうかなどを20日まで確かめる。実験は関係者限定で、実際に決済はしない。

 福井銀行は「地域貢献の理念の下、キャッシュレスの進展を踏まえた最適な地域交通システムの研究を進めたい」としている。

⇒電子マネーカード「JURACA」詳しく

関連記事