高校野球の第43回福井県1年生大会は11月4日まで、敦賀市総合運動公園野球場などで開かれ、決勝は大野が福井工大福井を延長十一回の末、4-3で下し、27年ぶり2度目の優勝を果たした。

 大野は初回、春木の右前適時打で2点を先制。1点差の九回は阪井の中越え適時三塁打で3-1と突き放した。同点の十一回は1死満塁で阪井の左前適時打で勝ち越した。福井工大福井は2点を追う九回2死二、三塁で竹村の適時打で追い付いたが、力尽きた。

 大会には26校が出場しトーナメントで競った。

関連記事