パナソニック―大分三好 力強いスパイクを放つパナソニックの清水邦広=福井県福井市の福井県営体育館

 バレーボールのVリーグ1部男子福井大会最終日は11月3日、福井県福井市の福井県営体育館で2試合が行われた。清水邦広(福井工大福井高校出身)のパナソニックは大分三好を3-0のストレートで下し開幕3連勝を飾った。

 福井市をサブホームタウンとするパナソニックは第1セット、清水のスパイクやジャンプサーブで主導権を握り25-20で先取。第2セットは一時6点のリードを許したが、久原のスパイクや清水のフェイントなどで15-15に追い付くと、着実に加点し25-21で取った。第3セットは大竹のスパイク、今村、小宮のジャンプサーブなどで得点を重ね25-16と圧倒した。清水は第3セット途中で交代した。

 武生高校出身の森崎健史がメンバーのVC長野は東レに0-3で敗れた。

関連記事