試験点灯で幻想的な光に包まれた「ミライエ」会場=11月2日夜、福井県敦賀市金ケ崎緑地

 夜の敦賀港を彩るイルミネーションイベント「ミライエ」が11月3日夜、福井県敦賀市金ケ崎緑地で始まる。2日夜に試験点灯が行われ、一帯はLED電球約55万球による幻想的な光に包まれた。

 「敦賀・鉄道と港」まちづくり実行委員会が2014年から毎年行っている。昨年は約5万6千人が訪れた。

 今年は昨年に比べLED電球を5万球増やし、海をイメージした芝生上の青色LED電球の数を1・5倍にした。

 試験点灯されると、長さ約70メートルの光のトンネルや列車などのモニュメントが一斉に色鮮やかに輝いた。

 ミライエ運営委員長の宇野精浩さん(46)は「海を見立てたイルミネーションが広くなった。ミライエを見に、敦賀に足を運んでほしい」と呼び掛けた。

 3日は午後5時50分からオープニングセレモニーが行われる。12月25日まで、毎日同6時に点灯する。月~木曜と日曜、祝日は同9時まで、金、土曜は同10時まで。

関連記事