全国高校サッカー選手権福井県大会準決勝・福井商業―北陸 熱戦を展開する両イレブン=11月2日、福井県坂井市の三国運動公園陸上競技場

 全国高校サッカー選手権福井県大会は11月2日、坂井市の三国運動公園陸上競技場で準決勝2試合を行った。第2試合は、第2シード北陸が第3シード福井商業に対し0―0からのPK戦を5―3で制し、2年ぶりに決勝へ進出した。

⇒福井商業―北陸の試合経過はこちら

 北陸は妹尾隼や田中佑樹、福井商業は小島俊也らが得点を狙うも、スコアレスで前後半を終了。延長戦でも得点は生まれず、PK戦の末に決着した。

 PK戦は北陸のGK大藤一樹が福井商業の3人目をストップ。北陸は全員が決めた。

 決勝は11月10日、前年覇者で第1シードの丸岡と北陸が、坂井市のテクノポート福井スタジアムで戦う。

関連記事