トライアウトで監督を務めることになり、記者会見でポーズをとる清原和博さん=30日、東京都千代田区

 西武、巨人などで活躍した清原和博さん(52)が、戦力外となった選手がアピールするトライアウトで監督を務めることになり、30日に東京都内で記者会見し「自分はまだ執行猶予中。野球に携わることができて感謝の気持ちしかない」と心境を述べた。

 監督を務めるのは、プロ野球を戦力外となった選手や米マイナーリーグなどでプレーする外国人選手らが参加する「ワールド・トライアウト2019」で、プロ野球の12球団合同トライアウトとは別のイベント。11月7日に横浜市で予選会を行い、選考に残った選手が同30日に神宮球場で本選に出場する。清原さんは本選でユニホーム姿を披露する予定。

関連記事