台風22号の経路と予想進路=2019年10月30日午前9時現在(気象庁HPから)

 気象庁によると、10月30日午前3時、フィリピンの西で熱帯低気圧が台風22号(マットゥモ)になった。同日午前9時現在、南シナ海を西に時速20キロで進んでいる。同庁の進路予想図によると、カンボジア方面へ向かうとみられ、日本には近づかない見通し。

 台風22号は30日午前9時現在、中心気圧は994ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートル。中心から北西側330キロ、南東側220キロは風速15メートル以上の強風が吹いている。

 今後、西への進路を取り、31日午前9時にはカンボジアに到達するが、熱帯低気圧に戻る見込み。

関連記事