豚コレラ対策で豚に接種するワクチン

 福井県は10月25日、豚コレラ対策の豚へのワクチン接種を始めた。県内の全飼育豚約1700頭のうち生後40日以上経過した豚が対象で、26日に完了する予定。

 25日は坂井市の福井県畜産試験場を皮切りに、大野市と越前市の養豚場計2施設、福井市足羽山公園遊園地(ミニ動物園)、26日は越前市の別の養豚場1施設で行う。

関連記事