台風21号の進路予想=10月24日午後9時現在(気象庁HPから)

 九州南部を東に進む低気圧や寒気の影響で西日本を中心に大気の状態が非常に不安定になり、気象庁は10月24日、大雨に警戒を呼び掛けた。25日にかけて東日本の台風19号の被災地でも雨が降る見通し。少雨でも土砂災害や洪水に注意が必要だ。

 気象庁によると、西日本は25日朝にかけて、東日本は25日未明から夜にかけて、東北の太平洋側は25日昼すぎから26日朝にかけて雷を伴った非常に激しい雨が降る地域がありそうだ。

 25日午後6時にかけての24時間予想雨量は多い地域で東海300ミリ、近畿、四国250ミリ、関東200ミリ、伊豆諸島180ミリ、甲信150ミリ、東北100ミリ。その後の24時間は東北や関東50~100ミリ。

 一方、非常に強い台風21号は小笠原諸島を抜けた。今後も北上を続け、関東や東北の沖に進む見通し。24日午後6時現在、中心気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速45メートル、最大瞬間風速60メートル。風速25メートル以上の暴風域を伴って小笠原近海を時速約30キロで北北東に進んだ。

 父島では24日午後1時40分までの半日で73・5ミリの雨が降り、午前9時20分に最大瞬間風速52・7メートルを観測した。

 東日本や東北の太平洋側は海がしける。25日にかけて予想される波の高さは小笠原諸島、関東6メートル、東北太平洋側5メートル。

関連記事