ビニールハウスとテラスのイメージイラスト(レディーフォー提供)

 福井県あわら市熊坂に農業体験ができるスペースをつくろうと、地元農家などでつくるグループ「リライフデベロップメント」が準備を進めている。同グループは10月23日、クラウドファンディングのレディーフォーで資金100万円の募集を開始した。

【詳しくはこちら】福井県・あわら市で自産自消の農業体験を。ReLIFEプロジェクト!

▽実行者:リライフデベロップメント
▽目標金額:100万円
▽締め切り:11月29日
▽ギフト:3千円から10万円まで11種類

 農業体験を通して過疎化が進む熊坂に人を集め、地域活性化するプロジェクト。里山を開拓してビニールハウスと野菜料理を楽しむ「森のテラス」をつくり、年間を通して収穫イベントなどを開催する。施設は2020年4月末までの完成を目指す。

 プロジェクトへの寄付に対するギフトは11種類。イベントのモニター体験ができるほか、福井県外の人向けにはあわら産の野菜詰め合わせなどを用意した。

 プロジェクトは福井県による「ふるさと納税による新事業創出支援事業」の認定案件で、福井銀行と福井新聞社も協力している。寄付額のうち2千円を除く金額が税控除の対象となるため、実質2千円でプロジェクトの後押しができる(寄付者の給与収入などにより控除額に上限あり)。

⇒「ふるさと納税による新事業創出支援事業」プロジェクト一覧

関連記事