福井市役所=福井県福井市

 福井県の福井市議会は10月18日、観光振興・歴史文化活用対策特別委員会を開き、テレビ番組や映画のロケ地誘致の取り組みについて協議した。理事者は、NHKに対し福井を舞台にした連続テレビ小説(朝ドラ)の北陸新幹線開業時の放送を要望していると説明、東村新一市長は題材や主人公像について「具体的に絞ってはいないが、朝ドラは女性が題材のケースが非常に多く、福井を舞台にした小説などをNHK側に紹介している」と述べた。

 菅生敬一委員(公明党)の質問に答えた。福井市は2018年からNHK側に要望を重ねている。市によると、県内が舞台で女性が主人公の小説として、福井市出身の芥川賞作家津村節子さんの「絹扇」や、同市出身の故大島昌宏さんの「九頭竜川」などをNHK側に紹介している。

 委員会では、ロケ地誘致に取り組む「福井フィルムコミッション」のホームページ(HP)が2017年以降更新されていないとする指摘が委員から相次いだ。HPは市内をはじめ県内のロケ候補地を紹介しているが、田原町駅舎の写真が旧駅舎のままになっているなど情報が古く、理事者は「ロケ地誘致に打って出る方法としてHPは重要で、利用者目線で適宜更新していきたい」と述べた。

 一方、台風19号の被害で北陸新幹線金沢-東京間の直通運転ができていない状況について、理事者は「(台風が東日本を縦断した)3連休以降は、市内ホテルや福井発着の高速バスに大きな影響は出ていない」と述べた。

関連記事