煙台を中国の工業デザイン都市にする

AsiaNet 81204 (2069)


【煙台(中国)2019年10月22日新華社=共同通信JBN】煙台市人民政府によると、「Design Sparks Innovation Engine」(デザインはイノベーションエンジンに点火する)をテーマにした注目を集めるイベントが煙台で開催され、中国の工業デザインの中心としての同市の発展に貢献した。

煙台で10月18日、2019 World Industrial Design Conference & the Industrial Design World Expo(2019年世界工業デザイン会議と工業デザイン国際博覧会)が開催された。40以上の参加国が工業デザインの包括的な統合と社会経済的発展の促進に関するアイデアを持って一堂に会した。世界的なデザインセクターで有力なポジションが徐々に出現している。主催都市の煙台は世界工業デザイン産業チェーンにおいて急速に重要なプレーヤーになっている。

このイベントは4つの「初」を作り出した。初のChina Unified Innovation University of Industrial Design(中国総合イノベーション工業デザイン大学)、初の工業デザインの世界組織、初のデザイン産業宣言、および世界初のデザイン産業展示会で、展示会は3万平方メートル以上の展示区域で世界中から10万人以上が参加した。それは革新的な産業で最大かつ最も注目を集めたイベントだった。

煙台で開かれた会議は同市の強みを大きく押し上げ、人々の生活水準の注目に値する向上へと導く。それはまたイノベーションに強力な光を当てる。

ソース:The Information Office of the Yantai Municipal People's Government

画像添付リンク:http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=348468
(2019年世界工業デザイン会議)

関連記事