23日午前9時15分ごろ、三重県尾鷲市行野浦沖の海上で、5人が乗った漁船が転覆した。5人はすぐに救助されたが、同市の漁師橋爪富之さん(85)が搬送先の病院で死亡が確認された。他の4人にけがはなかった。

 尾鷲海上保安部によると、尾鷲市沖に設置された定置網を支えるいかりが台風20号の影響で移動したため、漁船は僚船2隻と共に、いかりを入れ直す作業に当たっていた。5人はいずれも救命胴衣を着用していた。同保安部が詳しい状況を調べている。

関連記事