水没した長野新幹線車両センター

 JR西日本とJR東日本は10月23日、北陸新幹線が全線直通運転を再開する25日以降の臨時ダイヤを発表した。元のダイヤと比べ、東京―金沢間を直通する「かがやき」は2本減、「はくたか」は同じ本数となった。東京-長野間の「あさま」を大幅に減らす。

 東京-金沢間は「かがやき」が上り、下りともに9本ずつの18本で2本少ない。「はくたか」は上り、下りとも14本ずつの28本で平常時と同じ。

 富山ー金沢間の「つるぎ」は下り18本、上り17本で1本少ない。

 長野ー金沢間の「はくたか」は上下1本ずつで平常と同じ。

  東京ー長野間の「あさま」は上りが5本減らして12本、下りが6本減らして11本の23本運転で11本減となる。

 「あさま」の本数減に対応し、臨時ダイヤでは、上越新幹線と北陸新幹線の一部列車が本庄早稲田、安中榛名、佐久平の各駅で臨時停車する。

 北陸新幹線は台風19号の影響で、信号装置への重大な被害や10編成120両の浸水被害が発生。長野―上越妙高間が不通となり、東京―長野間と金沢―上越妙高間の折り返し運転となっている。

   指定席は24日午前11時から発売する。

関連記事