将棋の第69期王将戦の挑戦者決定リーグで、羽生善治九段(手前)を破った藤井聡太七段=21日午後、東京都渋谷区の将棋会館

 将棋の第69期王将戦挑戦者決定リーグは21日、東京都渋谷区の将棋会館で指され、高校生プロの藤井聡太七段(17)が羽生善治九段(49)を破った。最年少挑戦を狙う藤井七段は通算成績をトップの3勝1敗とし、前人未到のタイトル100期を目指す羽生九段は2勝1敗となった。

 藤井七段は羽生九段と昨年2月の朝日杯オープン戦以来の対戦で、公式戦2連勝とした。

 対局を終えた藤井七段は「(羽生九段に)読みにない手を指されたので、自分も学んでいきたい。次も全力を尽くしたい」、羽生九段は「藤井七段に力強く指された」とそれぞれ振り返った。

関連記事