ロボットが接客するカフェを視察する、れいわ新選組の舩後靖彦参院議員=21日午後、東京・大手町

 難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」患者で、れいわ新選組の舩後靖彦参院議員は21日、東京・大手町でロボットが接客するカフェを視察した。議員活動を円滑にするため国会へのロボット導入を求めており、介助者を通じ「国会活動で活用したいと改めて願っている」と記者団に語った。

 ロボットは難病などで外出が困難な人たちが自宅や入院先で遠隔操作しており「分身ロボット」と呼ばれる。ロボットを使って接客することで障害者の社会参加を促進する目的もある。舩後氏は「生き生きしていますね」と介助者を通じて声を掛け、ロボットを操作する障害者との交流を楽しんでいた。

関連記事