台風20号、21号の5日先予想進路(21日9時現在)

 台風20号は21日、日本の南を北東に進んだ。台風から入る暖かく湿った空気のため、台風北側の前線が活発化。西日本から東日本の太平洋側は21日夜から22日にかけて大雨の恐れがある。台風は21日夜には、紀伊半島の南で温帯低気圧に変わると見込まれる。

 気象庁は、関東や東北で台風19号の記録的大雨で堤防が決壊したり、地盤が緩んだりした場所では、普段なら災害にならない雨量でも土砂災害や洪水の恐れがあるとして、警戒を呼び掛けた。

関連記事