くちばしがとっても立派なオニオオハシ=福井県福井市の足羽山公園遊園地

 キツツキの仲間で、体長60センチほどのオニオオハシ。なんと言っても目を引くのは大きくて立派なくちばし。長さは20センチもあるとか。こんなに大きなくちばしだと、飛ぶにも餌を食べるにも重くて大変そうですが、くちばしの中は実は空洞で、重さは10円玉3枚分ぐらいしかありません。

 ⇒「オニオオハシの名前の意味は?」「オニオオハシ同士のコミュニケーションの取り方とは?」飼育員さんの解説動画はこちら(D刊)

 ⇒ほかの動物の動画もたっぷり「D刊ZOO」

 大好物はブドウです。気に入らないエサは、飼育員から渡されてもペッと吐き出す、時にはちょっと憎たらしい態度も。それでも、じーっと見つめてくるような、くりくりした目がとってもチャーミングです。

 オニオオハシがいるのは、足羽山公園遊園地(ミニ動物園、福井県福井市山奥町)のハピジャン。月曜日休園(祝日の場合は翌日)。入園無料。

関連記事