サッカーの第98回全国高校選手権福井県大会は10月22日、坂井市の丸岡スポーツランドで準々決勝4試合を行う。前年覇者で第1シードの丸岡が初戦に臨むほか、1回戦から勝ち上がったシード校の北陸福井商業藤島も4強進出を見据える。

▽準々決勝のカード

丸岡―福井工大福井(午前11時)
啓新―北陸(午前11時)
敦賀―藤島(午後1時半)
福井商業―若狭(午後1時半)

 丸岡は高円宮杯U―18プリンスリーグ北信越で3位に食い込み、優勝候補の筆頭。対する福井工大福井は2017年2回戦で丸岡を下した「ジャイアントキリング」の再現を狙う。

 2年ぶりの王座奪還を目指す第2シード北陸は1、2回戦を危なげなく勝利した。4強を懸け実力校の啓新と激突する。

 前年準優勝の第3シード福井商業はこれまでの2試合を圧勝。リーグ福井3部勢で唯一勝ち残った若狭の挑戦を受ける。

 接戦を勝ち上がった第4シード藤島は、5年ぶりに8強入りした敦賀と対戦する。

■準々決勝以降をテキスト速報

 福井新聞社は電子新聞「福井新聞D刊」で準々決勝以降の試合をテキスト速報します。D刊の速報サービス「fast」(税込み月額330円)で閲覧できます。

 速報するのは10月22日の準々決勝4試合、11月2日の準決勝2試合、11月10日の決勝。ホームページ「福井新聞ONLINE」では試合後に結果の記事を配信します。

⇒「高校サッカーテキスト速報」はこちら

関連記事