講演を行うマーク・ハード氏=2010年、米サンフランシスコ(ロイター=共同)

 マーク・ハード氏(米ソフトウエア大手オラクルの共同最高経営責任者=CEO)公式サイトによると、18日に死去。62歳。死因は不明だが、米メディアによると、9月から健康問題を理由に休職していた。

 大学卒業後、80年に米データ処理機器大手NCRに入り、03年にCEO就任。05年に米コンピューター大手ヒューレット・パッカード(HP)のCEOに転じた。

 10年8月に社内でのセクハラ行為を巡る調査の中で「行動規範に反する問題が見つかった」としてCEOを辞任。翌9月にライバルでもあるオラクルの共同社長に就き、話題となった。14年に共同CEOに昇格した。

関連記事