優柔不断であることを告白した桜井日奈子 (C)ORICON NewS inc.

 女優の桜井日奈子(22)が映画『殺さない彼と死なない彼女』(11月15日公開)の完成披露上映会に登壇。映画のタイトルにちなみ「(ものを)捨てられない彼女」と自分を表現した桜井は「いつか使うだろうと思って、記念に持っているんですよ。そんなんでどんどん増えていってしまってます」と言い、「優柔不断で、選択肢が2つあったら後悔するほうを選んでいる気がしますね」と自己分析していた。

【動画】桜井日奈子にイタズラしたことを明かした間宮祥太朗

 桜井は「服だったり、いただいたものは捨てられないですし。先日、友だちとお茶をしていたときに、そのソファーにビー玉が落ちていたんですけど、それもいまだに持っているんです」とプライベートでの出来事も明かした。

 本作でW主演を務めている間宮祥太朗(26)は自分を「あまり感情が顔に出ない彼」と表現。間宮は「新しい大きな仕事とかがくると、マネージャーから電話がかかってくるんです。マネージャーはテンションが高いんですけど、僕の反応が腑に落ちないようでして、それにすごい怒るんですよ」と明かし「人それぞれの感情の出し方がありますし、僕は本当に喜んでいるんですよ」と話していた。

 この日は、恒松祐里(22)、堀田真由(21)、箭内夢菜(19)、ゆうたろう(21)、金子大地(23)、中尾暢樹(22)、小林啓一監督(47)も出席した。

 物語は、何にも興味が持てず退屈な高校生活を送っていた小坂(間宮)が、リストカット常習者の少女・鹿野(桜井)と出会って動き始める。周囲から孤立していた2人は、不器用なやりとりを繰り返しながらも、お互いの心の傷を癒やし、少しずつ前を向いて歩み始めていく。

関連記事