土蔵の改修を目指す中谷翔さん(左)と野村直樹さん(レディーフォー提供)

 福井県南越前町の古民家を改修した宿泊施設「地域まるっと体感宿 玉村屋」を運営する中谷翔さん(30)と野村直樹さん(27)が、宿に併設する土蔵を改修し、コミュニティスペースをつくろうと準備を進めている。2人は10月15日、クラウドファンディングのレディーフォーで資金100万円の募集を開始した。

【詳しくはこちら】福井県・玉村屋を、夢を語り・叶える「泊まれる秘密基地」に!

▽実行者:中谷翔さんと野村直樹さん
▽目標金額:100万円
▽締め切り:11月29日
▽ギフト:3千円から7万円まで14種類

 玉村屋は北国街道の宿場街として栄えた今庄宿の古民家を改修し2月に開業。町内の農業や酒造りなどを体験できるプログラムが特徴となっている。

 土蔵の改修計画は、内部を補修し中央に火鉢を設置。集まった人たちが火を囲み、夢ややりたいことを語る「秘密基地」のような場所を目指すという。2020年4月にオープン、5月には町内外の人が思いを披露する催しを開く方針。

 このプロジェクトは福井県による「ふるさと納税による新事業創出支援事業」の認定案件で、福井銀行と福井新聞社も協力している。寄付額のうち2千円を除く金額が税控除の対象となるため、実質2千円でプロジェクトの後押しができる(寄付者の給与収入などにより控除額に上限あり)。

⇒「ふるさと納税による新事業創出支援事業」プロジェクト一覧

関連記事