サニーデイ・サービス『Birth of a Kiss』

 渋谷公会堂の暗がりのなかに、ぼんやりと3人の姿が浮かび上がる。とても静かで、穏やかで、ただじんわりと彼らの楽曲たちが染み入ってくるようだ。

 3ピースバンド「サニーデイ・サービス」による2015年の渋谷公会堂単独公演の模様を完全収録した本作。18年に急逝したメンバーの一人、ドラマーの丸山晴茂も含めたオリジナルメンバーのみで演奏する唯一の公式映像だ。15年に限定販売されたBOXセットにパッケージされていたものの、瞬く間に完売してしまっていた作品が、待望の単独リリースとなった。

 ボーカル・ギターの曽我部恵一はかつてインタビューで、当時から丸山が体調不良だったことを明かし、「この公演はギリギリまでできるかわからなかった」と話していた。しかし、そんなことを感じさせないほど3人は一つの音楽を奏でていて、じつに27曲の素晴らしい演奏を聴かせてくれている。時折、思い出したように挟まれる曽我部のMCも、この時の有限性を噛みしめるような、あたたかさとやさしさにあふれていた。そして、完璧なセットリスト。20世紀の終わりを彼らとともに駆け抜けたすべての人たちと共有したい作品だ。

(ROSE RECORDS・3000円+税)=玉木美企子

関連記事