地元紙に掲載された観光ツアーの写真。中央の「たらい舟」に岡山県総社市の仲達幸弘・元共産党市議が乗っている(画像の一部を加工しています)

 岡山県総社市議会は15日、入院手術と偽り議会を欠席して豪華客船の観光ツアーに参加した後、偽造した退院証明書などを議長に示したとして、有印私文書変造・同行使などの疑いで仲達幸弘・元共産党市議(65)を県警に告発した。仲達氏は11日付で辞職した。

 市議会は議会事務局を通じ「議員の総意で告発しており、捜査の上で厳罰に処すことを求める」とのコメントを出した。

 議会事務局などによると、仲達氏は8月の本会議と委員会を計2日欠席し、国内最大級の客船「飛鳥2」で北陸地方の名所を巡るツアーに参加。岡山県の地元紙のツアー紹介記事に、似た人物が写った写真が掲載された。

関連記事