構内が浸水した川崎市のJR武蔵小杉駅で入場が規制され、列に並ぶ利用客ら=15日午前

 台風19号の影響で構内が浸水したJR横須賀線の武蔵小杉駅(川崎市中原区)は15日朝、一部の改札やエスカレーターが使えず、数百メートルに及ぶ長蛇の列ができた。駅周辺は再開発によりタワーマンションが林立し、人口が急増。ラッシュ時は普段から改札前に長い列ができるが、いつもとは比べものにならない混雑に、通勤通学などの利用客はいら立ちの表情を見せた。

 「ホームの混雑のため、入場を規制します」。駅員は改札前でロープを張り、対応に追われた。浸水のため自動券売機は故障中で、発車時刻を知らせる電光掲示板は「準備中」のままだった。

関連記事