福井県内外のアウトドアファンでにぎわった昨年の「キャンプ・オブ・ワンダー」=2018年9月、福井県坂井市ゆりの里公園

 アウトドア専門店「サンデーマウンテン」(本社福井県坂井市)は10月19、20の両日、同市ゆりの里公園で国内外約70の有名アウトドアブランドが集まるフェスティバル「キャンプ・オブ・ワンダー2019」を開く。

 アウトドア人口を増やし、地域活性化につなげようと企画し、今年で3回目。昨年の来場は1万人を超えた。

 出展は昨年の3倍となる約70ブランドで、ザ・ノース・フェイス、オガワ、ナンガ、ヘリノックス、ヘルスポートなど。約40社がブースを設ける予定で、キャンプ用品やアパレルを展示販売し、フェス限定アイテムも用意する。

 芝生広場には、ファミリーやソロ向けなど約25の人気テントが勢ぞろい。アウトドア用ロープでのブレスレット作り、まき割り体験などのワークショップのほか、豪華アウトドア用品が当たるビンゴ大会やオークションもあり、アウトドア初心者から本格派まで楽しめる。音楽ライブ、ヨガ体験会も企画し、飲食ブースも多数並ぶ。入場無料。両日とも午前11時~午後5時。

 今回初めてアウトドア用品を扱うフリーマーケットを企画しており、出店者を募っている。

 問い合わせはサンデーマウンテン=電話0776(97)8848。

関連記事