最高裁の判決に抗議するカタルーニャ自治州の独立派住民=14日、バルセロナ(AP=共同)

 【バルセロナ共同】スペイン最高裁は14日、2017年10月にスペイン北東部カタルーニャ自治州の独立の是非を問う住民投票を強行した独立派の前州閣僚ら9人に対し、反乱罪などで禁錮13〜9年の有罪判決を言い渡した。ジュンケラス前州副首相が最も重い同13年(求刑同25年)。

 約半数の世論の支持を背景にした一方的な独立運動に対する司法判断として、スペインの「民主主義史上最も重要な判決」と注目された。独立派は強く反発し、言い渡し後間もなく州内で市民が抗議行動を開始。バルセロナではデモで大通りが通行止めになった。

関連記事