台風19号による大雨の影響で北陸新幹線の車両基地が水没し、JR富山駅の改札口に掲示された東京―富山間の運休の案内=10月13日午前11時46分

 JR西日本は10月13日午後4時20分、北陸新幹線の運転見合わせを受け、14日に次の特急しらさぎ号の臨時列車を運転すると発表した。

▽特急しらさぎ91号
【運転区間】
米原駅(11時30分発)~金沢駅間
【編成】
6両編成(1号車:グリーン車指定席 2~6号車:普通車自由席)
【停車駅】
米原駅、敦賀駅、武生駅、鯖江駅、福井駅、芦原温泉駅、加賀温泉駅、小松駅、金沢駅

▽特急しらさぎ96号
【運転区間】
金沢駅(14時00分発)~米原駅間
【編成】
6両編成(1号車:グリーン車指定席 2~6号車:普通車自由席)
【停車駅】
金沢駅、小松駅、加賀温泉駅、芦原温泉駅、福井駅、鯖江駅、武生駅、敦賀駅、長浜駅、米原駅

 台風19号の通過に伴う猛烈な雨の影響で、東京の多摩川や長野県の千曲川など各地の河川で氾濫・増水が発生。JR東日本によると13日、長野県長野市の長野新幹線車両センターが水没、10編成の北陸新幹線車両が水につかった。

⇒【写真】大雨で水に漬かった北陸新幹線車両

 13日、北陸新幹線は東京駅~富山駅間で始発列車より終日運転を見合わせ、富山駅~金沢駅間の「つるぎ号」のみ運転を行っている。

関連記事