第141回北信越地区高校野球大会は10月13日、石川県内の3球場で1回戦8試合を実施。金沢市民野球場第2試合は、北陸(福井3位)が北越(新潟1位)に2―3で敗れ、準々決勝進出を逃した。

北陸
000 000 002…2
010 000 011x…3
北越

■北陸 印牧光希―杼木誠太朗
■北越 阿部柚士郎―高橋良輔

⇒北信越地区高校野球大会の組み合わせ表

 北陸は1点を追う四回2死から中野晴真、杼木誠太朗、鈴木智徳の左前3連打で2死満塁と攻めるも後が続かず無得点。2点を追う九回、1死一、二塁から杼木の左前適時打で1点を返し1―2。なおも1死満塁と攻め、守備の乱れを突き同点に成功。しかしその裏、勝ち越しを許しサヨナラ負けを喫した。北陸の先発印牧光希は再三走者を背負うも、粘りの投球を見せたが最後は力尽きた。

 北越は二回、先頭の高橋良輔が右越え三塁打で無死三塁とし、続く小林海翔が右前適時打を放ち先制に成功。1点リードの八回2死三塁から、阿部柚士郎が中前打を放ち、待望の追加点を奪い2点差とした。九回に2点を奪われ同点とされたが、九回裏1死二塁から本間圭が左中間へサヨナラ打を放ち息詰まる投手戦を収めた。北越先発の阿部は、北陸打線に的を絞らせず、9回2失点の好投。

 ■第141回北信越地区高校野球大会を全打席速報

 福井新聞社は、電子新聞「福井新聞D刊」の速報サイト「fast」で北信越地区高校野球大会の全試合を打席ごとに速報する。携帯電話やパソコン、スマートフォンで試合の流れを楽しめる。

⇒全打席速報はこちら

 ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開する。

⇒イニング速報はこちら

関連記事