台風19号の進路予想図=10月12日午前11時(気象庁HPより)

 福井地方気象台によると、大型で非常に強い台風19号は、10月12日昼過ぎから12日夕方にかけて福井県に最も接近する見込み。同日午後0時半現在、奥越をのぞく県内全域に大雨警報、暴風警報、県内の沿岸全域に波浪警報が出ている。福井地方気象台は暴風、高波、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒を呼び掛けている。

 同気象台によると、台風19号は、12日10時現在、八丈島の西南西約230キロにあって、1時間におよそ25キロの速さで北へ進んでいる。中心の気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心の東側370キロ以内と西側280キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

 台風は次第に進路を北東に変えて、非常に強い勢力を保ったまま、12日夕方から夜には静岡県または関東地方に上陸し、13日にかけて温帯低気圧の性質を帯びつつ、速度を速めながら東日本から東北地方を北東に進む見込み。その後、13日夕方までには、北海道の南東海上で温帯低気圧に変わると予想される。福井県には12日昼過ぎから12日夕方にかけて最も接近する見込み。

 12日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
  嶺北 陸上 23メートル(35メートル)
     海上 25メートル(35メートル)
  嶺南 陸上 23メートル(35メートル)
     海上 25メートル(35メートル)
 13日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
  嶺北 陸上 18メートル(30メートル)
     海上 20メートル(30メートル)
  嶺南 陸上 18メートル(30メートル)
     海上 20メートル(30メートル)
の見込み。

 13日にかけて予想される波の高さは、最大で、
  嶺北 7メートル
  嶺南 7メートル
の見込みで、13日はうねりを伴い大しけとなる。
 
 台風の接近に伴い大気の状態が非常に不安定となり、12日昼過ぎから夜のはじめ頃にかけて雷を伴い1時間に50ミリの非常に激しい雨の降る所がある。
 13日12時までの24時間に予想される降水量は、多い所で、
  嶺北 150ミリ
  嶺南 250ミリ
の見込み。

関連記事