野球の独立リーグ、ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツを運営する福井県民球団(福井県福井市)は10月11日、清算手続きに入ると発表した。観客数の減少が止まらず黒字化は困難と判断した。一方で、同リーグは運営を引き受ける企業・団体を今月末まで独自に探すなどしチームの存続を目指す。

 福井県民球団によると、運営を始めた2010年から毎年の決算で赤字を計上。ファンクラブ会員費やチケット売り上げといった18年の興行収入は、ピーク時の3分の1に減少した。

関連記事