来春の甲子園につながる第141回北信越地区高校野球大会は10月12日、石川県内の3球場で1回戦8試合を行う。福井県1位代表の敦賀気比は加茂暁星(新潟3位)、2位の敦賀は長野日大(長野3位)、3位の北陸は北越(新潟1位)と対戦する。

⇒秋季北信越地区高校野球大会トーナメント

 弁慶スタジアム第1試合の敦賀は、福井県大会ノーシードから北信越大会出場を果たした。県大会で3度逆転勝ちをした底力で勝ち上がりたい。対する長野日大は、北信越大会10季ぶりの出場。打順は固定されていないが、どこからでも長打が出る。

 北陸は金沢市民野球場第2試合で、北越と初戦を迎える。北陸は福井県大会では、試合を重ねるごとに持ち味の打撃力を発揮。3位決定戦で2年ぶりとなる秋季北信越大会の切符をつかんだ。北越は新潟県勢トップのチーム打率4割3分7厘。安定した守備も光り、8年ぶりに新潟県の頂点に立った。

 敦賀気比は石川県立野球場第3試合に登場する。福井県大会5試合で78安打64得点を挙げるなど、隙ない強力打線が武器。2015年以来の秋季北信越大会制覇を狙う。対戦する加茂暁星は、投打にバランスが取れたチーム。新潟県大会ではノーシードから勢いに乗って、初の北信越大会出場を果たした。

 12日実施予定の1回戦の対戦カードは以下の通り。

■1回戦(10月12日)
▽石川県立野球場
第1試合(9時開始予定)
高岡第一(富山3位)-星稜(石川1位)

第2試合(11時半)
金沢商業(石川3位)-高岡向陵(富山1位)

第3試合(14時)
敦賀気比(福井1位)-加茂暁星(新潟3位)

▽金沢市民野球場
第1試合(9時)
上田西(長野1位)-津幡(石川4位)

第2試合(11時半)
北陸(福井3位)-北越(新潟1位)

第3試合(14時)
日本航空石川(石川2位)-高岡商業(富山2位)

▽弁慶スタジアム
第1試合(10時)
長野日大(長野3位)-敦賀(福井2位)

第2試合(12時半)
佐久長聖(長野2位)-新潟産業大学附属(新潟2位)

関連記事