「羽二重ねっと」が14日に開くイベントのチラシ

 福井県視覚障がい者支援ネットワーク「羽二重ねっと」は10月14日、福井市のハピリンで「見えない見えにくい人の暮らしを知る日」(福井新聞社後援)と題したイベントを開く。来場を呼び掛けている。

 羽二重ねっとは県眼科医会など県内7団体で構成。支援相談や情報発信などを行っている。

 イベントでは、ものを見えにくくする眼鏡を掛けたり、盲導犬と歩いたりする体験ができる。全盲の落語家、桂福点(かつらふくてん)さんが「出会いは心の光~障がい者理解をすすめるために~」と題して講演する。

 県内外11社の支援機器展示もあり、超小型カメラを使って文章を読み上げる眼鏡型端末などを紹介する。電子新聞「福井新聞D刊」の視覚障害者向け表示機能で、羽二重ねっとと福井新聞社が協力して開発したシンプルモードの体験もできる。

⇒シンプルモードのデモページはこちら

 午前10時~午後4時。問い合わせは県立盲学校内の羽二重ねっと事務局=電話0776(54)5280。

関連記事