星稜に大敗した石川県大会決勝以外の4試合は投打の歯車がかみ合った。初戦のコールド勝ち後、3回戦で小松に4-0、準々決勝で小松大谷に12-2の八回コールド勝ち、準決勝で津幡に7-0で勝った。

 背番号10の右腕田中颯希(福井市社中学校出身)が完封勝ちの小松戦を含め5試合18回1/3で防御率1・96とエース級の力投でチームの進撃を支えた。最速143キロの直球に変化球を織り交ぜ、低めを突いて22三振を奪った。190センチ、105キロの背番号1の右腕嘉手苅浩太が2試合11回で防御率7・36と本来の投球ができず不安を残すが、巻き返しに燃えている。

 チーム打率3割4分8厘の攻撃陣は2番井口太陽が本塁打2本を放つなど5割4分5厘。1番石井幸希が2割3分8厘、4番毛利水樹が2割9分4厘といまひとつだが、下位の中谷仁人が4割6分6分2厘、城田凌介が3割5分3厘と安定した打撃を見せた。

部長石川 明夫
監督中村  隆
投 嘉手苅浩太 2 190 105右右
捕 中谷 仁人 2 174 66 右右
一 毛利 水樹 2 174 79 右左
二 井口 太陽 2 172 62 右左
三 渡邉 直斗 2 166 62 右両
遊 城田 凌介 2 172 66 右右
左 竹下  樹 2 178 71 右左
中 石井 幸希 1 177 74 右右
右 平子 真弘 1 174 70 右左
  田中 颯希 2 180 81 右右
  百瀬 遥輝 1 179 65 右右
  杉本真紀人 2 172 64 右右
  田川 大智 2 166 75 右右
  平木昇之介 1 177 87 右左
  石丸 稜凱 1 175 75 右左
  石本 隼都 2 178 73 右左
  小川 純明 2 180 82 右右
  正木 康盟 2 166 57 左左

※左から守備位置、名前、学年、身長、体重、投打。主将は井口。

関連記事