地区予選、長野県大会を通じ、全8試合で2桁安打を放った。大会前に不安視していた下位打線の活躍もあり、県大会4試合は打率3割9分3厘だった。

 今夏の長野大会ベスト4のメンバーが上位打線に並ぶ。夏まで中軸だった高寺望夢が1番に座り、県大会は打率5割6分3厘。9安打のうち4本が長打だった。3番清水怜、5番阿部巧雅はそれぞれ2割台と振るわなかったが、1年生ながら4番を任される笹原操希が6割、6番柳沢樹が6割6分7厘の高打率をマークした。

 1年秋から背番号1を背負う阿部は、最速144キロの直球にスライダーやチェンジアップを織り交ぜる。県大会は3試合に登板し、計12回0/3で4失点。先発もできる1年生左腕の山口謙作、抑えには三石健瑛が控える。投手力を生かしたロースコアの戦いを理想に掲げているが、県大会で4失策を喫した守備には課題も残る。

部長矢沢 龍一
監督原  公彦
投 阿部 巧雅 2 178 72 右左
捕 小林 大将 2 176 68 右右
一 柳沢  樹 1 175 70 右右
二 飛鳥井 洸 1 170 63 右右
三 清水  怜 2 173 70 右左
遊 高寺 望夢 2 178 68 右左
左 水出 八尋 2 165 61 右右
中 梅香 拓海 1 175 70 左左
右 笹原 操希 1 178 74 右右
  山口 謙作 1 172 58 左左
  三石 健瑛 2 175 76 右右
  三富 彰也 2 168 68 右右
  原  瑠星 2 167 59 右右
  久保敷孔介 2 176 78 左左
  中村 奏斗 2 166 61 右右
  杉原 匠海 2 170 72 左左
  杉浦 琉生 1 180 83 右右
  松川 和史 2 178 77 右右

※左から守備位置、名前、学年、身長、体重、投打。主将は清水。

関連記事