台風19号接近に伴い大雨、暴風の警報級になる可能性がある期間

 大型で非常に強い台風19号は10月11日、日本の南海上で北上を続けた。勢力を維持したまま、12日夕方から夜遅くにかけて東日本に接近、上陸する見通し。東日本だけでなく、列島の広範囲が暴風雨となる恐れがある。高潮の恐れもあり、気象庁は厳重な警戒を求めた。

 気象庁によると、12日は東日本を中心に猛烈な風が吹く。東海と関東甲信では「住家で倒壊するものがある」「屋外での行動は極めて危険」とされる瞬間風速60メートルの風が予想されている。台風の接近前より西日本から東北では雨が強まる見込みで、東日本を中心に記録的な大雨となる恐れがある。

 台風は東日本に接近、上陸した後、東北に進み13日午後には北海道の東海上に抜ける。

 12日にかけて予想される最大瞬間風速は、近畿45メートル、東北40メートル、北陸と小笠原諸島、中四国と九州北部35メートル、北海道と九州南部30メートル。

 12日朝から翌13日朝までの24時間予想雨量はいずれも多い所で、東海600~800ミリ、関東甲信400~600ミリ、北陸と伊豆諸島300~500ミリ、東北と近畿300~400ミリ、中四国200~300ミリ。

 台風は11日午前6時現在、父島の西約380キロを時速約25キロで北北西へ進んだ。中心気圧は925ヘクトパスカル、最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。中心の東側370キロと西側280キロ以内が風速25メートル以上の暴風域。

関連記事