腰痛からの復帰を目指す巨人のエース菅野智之投手がクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ期間中の登板を回避することが10日、明らかになった。日本シリーズに向けては調整を続ける。原辰徳監督は「目標設定を変えてというところ。まだ戦いが続くという中で彼はギブアップはしていない」と語った。

 宮本和知投手総合コーチによると、9日に東京ドームでブルペン入りした後に本人から申し出があったという。宮本コーチは「勝利に貢献できるかどうかを考えたときに、そこまで自信がないという感じだった。その勇気に申し訳ない、ありがとうと伝えた」と話した。

関連記事