台風19号の進路予想図=10月9日午後3時現在(気象庁HPから)

 台風19号が10月12~13日に非常に強い勢力を保って西日本から東日本へ接近、上陸して広範囲に大きな影響をもたらす恐れがあるとして、気象庁は9日、記者会見を開き「自分や大切な人の命を守るため、早めの対策を」と呼び掛けた。台風の接近、上陸予想3日前の気象庁会見は異例。

 気象庁によると、大型で猛烈な台風19号は8日、小笠原近海を北西に進んだ。今後北上してやや衰えるも、「非常に強い」勢力を保ったまま12日に紀伊半島沖に達し、東海や関東付近を通って13日に北日本沖に進む見通し。

 接近時の勢力は9月に千葉県を中心に大規模な停電被害をもたらした台風15号に匹敵すると予想されている。さらに、15号よりも大型のため、広い範囲に長時間影響を及ぼす恐れがある。

 台風19号について、JR東日本の深沢祐二社長は8日の記者会見で「予想進路が変わらなければ、計画運休も含めて対応する」と話しており、交通機関に影響が出る可能性もある。

関連記事