小笠原道大氏

 日本ハムは9日、ヘッド兼打撃コーチに今季まで中日の2軍監督を務めた小笠原道大氏(45)が就任すると発表した。2006年オフにフリーエージェント(FA)で巨人に移籍して以来の復帰となる。

 千葉・暁星国際高からNTT関東を経て1997年にドラフト3位で日本ハムに入団。首位打者と最多安打を2度獲得し、2006年には本塁打王と打点王の2冠に輝き、パ・リーグ最優秀選手(MVP)に選ばれた。巨人に移籍した07年に史上2人目のセ、パ両リーグでのMVPを達成。14年から中日でプレーし、15年限りで現役を引退して中日の2軍監督を務めていた。

関連記事