台風19号の進路予想図=10月11日午後6時現在(気象庁HPから)

 大型で非常に強い台風第19号は、10月12日夕方から夜にかけて東海地方または関東地方に上陸する見込み。気象庁によると、東日本を中心に広い範囲で猛烈な風が吹き、猛烈なしけとなり、東日本では記録的な暴風や大雨の恐れがある。同庁は暴風や高波、高潮、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重な警戒を呼び掛けている。

 福井県には12日午後に最も接近する見通しで、3連休初日は大荒れの天気が予想される。

 台風は11日午後6時50分現在、八丈島の南南西約490キロを1時間におよそ25キロの速さで北北西へ進んでいる。中心気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。中心の東側370キロ以内と西側280キロ以内では、風速25メートル以上の暴風となっている。また、中心の東側750キロ以内と西側650キロ以内では、風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 新潟地方気象台が11日午後5時に発表した週間天気予報(10月12日~18日)によると、福井県は12日から13日にかけて大雨や大荒れの天気となる見込み。12日は雨で暴風を伴い、降水確率は午前6時まで30%、正午まで70%、午後6時まで80%、13日午前0時まで80%となっている。13日は雨のち曇りで降水確率60%、14日は曇り時々晴れで降水確率30%の予報。

 気象庁によると、12日は東日本を中心に猛烈な風が吹く。東海と関東甲信では「住家で倒壊するものがある」「屋外での行動は極めて危険」とされる瞬間風速60メートルの風が予想されている。台風の接近前より西日本から東北では雨が強まる見込みで、東日本を中心に記録的な大雨となる恐れがある。

 台風は東日本に接近、上陸した後、東北に進み13日午後には北海道の東海上に抜ける。

 12日にかけて予想される最大瞬間風速は、近畿45メートル、東北40メートル、北陸と小笠原諸島、中四国と九州北部35メートル、北海道と九州南部30メートル。

関連記事