関西電力の役員らが福井県高浜町の元助役森山栄治氏(故人)から金品を受領していた問題で、10月3日に開かれた臨時町議会で、元助役と町の関連を調べるよう求める監査請求動議が提出されたが、否決された。

⇒【D刊】関電金品受領問題を特集

 児玉千明議員(無所属)が「町が潔白であることを示すため」に提出した。討論では「住民の不安をいち早く取り除くべきだ」とする賛成の声上がる一方、「何らかの疑念があった場合にすべきだ」などの反対意見があった。採決の結果、議長を除く13人のうち賛成は4人、反対は9人だった。

 議会後、反対したある町議は「監査委員は捜査機関ではない。町職員の関与の有無をただせといってもそれは乱暴」と語った。児玉議員は「否決されたのは残念だが、議会全体で相談して行動に移していければいい」と述べた。

関連記事